富士山登山の初心者ほど、しっかりした服装と装備を!

富士山 登山 装備品2

これまでお伝えしたの時点でトレッキングシューズ登山靴)、登山用のズボン・ソックス、そしてサポートタイツを揃えることが出来ました。
富士山の登山に必要なアイテム『トレッキングシューズ(登山靴)をゲット!

負担を軽減する富士山登山用の下半身服装、靴下とズボンを購入。

 
よく聞く話ですが、

 
「富士山を初めて登る初心者ほど、なぜか甘くみて登る」方が多い

 
という現状。

富士山を登るときにちょっとしたことで役に立つアイテムが小物類ですよね?
小物類と言え、初心者ならしっかりと準備する必要があると思います。

 
今回は、トレッキングポールやヘッドライトなどの「小物の装備品」について私が購入したものを書いていきます。

全てが必要な物

富士山を登るとなると、登山のための服装や装備品が必要になってきます。
なかには「本当にこれ必要なの?」という物も出てくるでしょう。

初心者ほどなぜか、そう思う傾向があるみたいですね(^_^;)

 
そこで、2回ほど富士山登山経験がある妹に「ヘッドライト」や「フットパッツ」(足首につける泥よけ)などが本当に必要なのか聞いてみたところ・・・。

 
絶対に必要みたいです!!

 
夏の富士山は登山する方がいっぱい!
ご来光に備えて真夜中に登頂するときに、ヘッドライトがないとかなり危険だということ。

登山している友人にも確認してみましたが、「ヘッドライト」や「フットパッツ」といった装備品は全て必要とのことでした。

 
「本当に富士山の登山って装備品を揃えてから登るまで大変だよな~・・・」と思ってしまいました。なぜなら、普通の山であったらトレッキングシューズと動きやすい服装だけで十分ですからね(^_^;)

 
でも、なんとなく分かります。

だって、富士山の頂上は真夏でも「0℃~5℃」ぐらいと聞いているし、妹の話によると関東で言うと12月後半から1月ぐらいの気温

それを考えて服装を用意していかなければ凍えて死んでしまいますよね。

 
ということで、「ザック(リュックサック」「トレッキングポール」「フットパッツ」「登山用グローブ」は以前の記事でご紹介した、富士山登山のために参考にしているサイトを参考にしてアマゾンで購入しました。

 
予算を5万円と決めているので、アマゾンの評価で安くて人気がある商品を選ぶことにしています。
なぜなら、これらを専門店のお店で購入すると、1つ1つの商品がかなり高いので何万円とかかってしまうからです。

商品レビューなどを詳しく読みながら出来るだけ安いものを厳選しました。

 
正直、こういう決め方でいいのだろうか?と考えましたが、あとは出たとこ勝負!
とりあえず必要な装備品を揃えなければいけない!

例えダメでも、次に富士山へ登るのときに”つながれ”ばいいのではないかと思いました。

必要な装備品

●ザック(リュックサック)
ザックは「アルパインザック」と言われる種類の物がいいらしいですね。
腰で荷物の重さを分散するので、肩に負担がかからず登山がとれも楽になるみたいです。

(私が購入した「アルパインザック」)

背中にかかる網目が取り外し可能。お値段もお手頃価格でした。

 
●トレッキングポール
(私が購入したトレッキングポール)

参考サイトでは、”持ち手がまっすぐなタイプの方が楽”ということで、この商品を購入。

ちなみに富士山で売っている金剛棒ですが、記念にはなりますが登山においては使いづらいとの情報です(^_^;)

 
●ヘッドライト
(私が購入したヘッドライト)

ライトをつけるとこんな感じです。

余談ですが、アマゾンから手続きミスで2つ購入してしまいました。返品手続きはしましたけどね(笑)

 
●グローブ・フットパッツ
(私が購入したグローブとフットパッツ)

「アマゾン」で出来るだけ安く、評価が良いのを選びました。頂上近くになると寒くなるのでこれにプラスして軍手を装備する予定です。

 
●帽子(ハット)
帽子はダイソー(100円ショップ)で購入

一応、2種類購入です。
正直な話、私は帽子がすごく似合いません(笑)

なので、今は100均でもそれなりにいい物が売っているので「これでいいや~」という感じで決めました。

 
さて、ここまでで身に付ける小物の装備品は大体そろったと思います。
後は、上半身の服装を考えなくてはいけません。

 
次回 ⇒ 富士山登山のための服装や装備品。予算オーバーしそうです・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です