世界遺産の富士山を登山する事に感謝の気持ちを持ってください。

富士山 登山 感謝2

前回まで富士山バスツアーを利用し、集合場所の東京駅から富士山の5合目に到着したところまで書きました。
富士山登山のツアーにて5合目まで。途中でも驚くことが沢山です! 

 
富士山の5合目に到着すると、あまりの人の数や海外から来られた方々の多さに驚いてしまいました。

しかし、そのことは同時に富士山は「日本一高く」有名な山だという事を実感し、さらに気合が入ってきました!

 
さあ、登山開始です!!

 
よ~し、やったるぞ~!!

富士山保全協力金(任意の登山料みたいなもの)

話は少し戻りますが、富士山は2013年に『世界遺産』に登録ので富士山を登山する人達がいっそう増えたました。
その数は一夏で20万人以上!!

 
当然それだけの人達が来ればゴミなどの環境問題のことも考えなくてはいけなくなりますよね?

 
富士山保全協力金の目的は、

 
『美しい富士山を後世に引き継ぐため、富士山の環境保全や登山者の安全対策を図る』

 
ということです。
もちろんそれはそれで大事ですが、それ以前に私は、

 
『これから富士山に登ります。どうぞよろしくお願いします。』

 
という挨拶と感謝の意味を込めて協力金を支払いました。

協力金は決して強制ではないのですが、最低限の礼儀として協力金の支払いは個人的にはしたほうがいいと思っています。

しかも、お金を払うと「富士山保全協力証のバッジ」を頂けます(^-^)

記念品としても嬉しいですね♪

登山開始前

今回の登山は、初心者の私でも心配ないように『サンシャインツアー』という会社でガイド付きのツアーを組んでいます。

 
5合目では登山にあたってガイドさんから説明と注意事項を聞きました。

まずザックや荷物の重さについての説明を受けたのですが、最初に水分をペットボトルや容器で2ℓ以上持っている人がいたら手を上げるように言われました。

 
私はハイドレーションシステムにスポーツドリンクを2ℓ入れて来たので、手を上を上げました。
その他にも2ℓ以上の水分を持っている方が数名いたのですが、ガイドさんは言った言葉は・・・

 
「今から水分を半分置いていくか、捨てていって下さい。」

 
私は思わず「えっ!?」と驚いてしまいました。

 
暑い中の登山。当然水分は多ければ多いほどいいのでは?と誰もが思うのではないでしょうか?
でも、ガイドさんは

 
「これから7時間以上、長い時間登らなければいけません。頂上まで長丁場になるので重くなればそれだけ負担になるので、頂上まで登りたかったら置いていくか捨てていって下さい。前の日も高山病にかかり荷物が重くて登れなくなる人がいました。」

 
と言う脅しのような言葉に、他のツアー客の方々は次々と水やポカリスエットなどペットボトルをガイドさんの前に置いていきました。

 
しかし、私は2ℓの水分の入ったハイドレーションシステムをザックにいれているので捨てることができません(;´Д`)


富士山の登山中の飲み物は『ハイドレーションシステム』が便利です。

 
そこで、とりあえずハイドレーションシステムの入ったザックの重さ自体をガイドさんに確認してもらうことに。
そしたら、「これぐらいの重さだったら大丈夫だ」ということで一安心でした。

 
自分ではかなり重いと思っていましたけどね・・・。

水分は登山の途中でも捨てることが出来るみたいだったので、とりあえず2ℓの水分を背負って登ることにしたのです。

チームの名前決めと決意表明

最後に、これから登るチームの結束が必要だということでチーム名を決めることになりました。

小学生が決めることになったチーム名が・・・。

 
『チームヘルメット』(笑)

 
ガイドさんがヘルメットをかぶっていたからです(^-^)
そして、そのガイドさんの
 
『絶対登りきるぞ~!』

 
という気合の号令とともに、いよいよ登山開始です!!

 
次回 ⇒ 富士山5合目(標高2,400m)出発!トイレのお金は強制ではありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です