富士山5合目(標高2,400m)出発!トイレのお金は強制ではありません。

トイレ富士山 登山2 

前回は富士山を登るにあったて私が個人的に思っていること、そして登山をサポートしてくれるガイドさんによる登山開始前の団結式を行ったことを書きました。
世界遺産の富士山を登山する事に感謝の気持ちを持ってください。

 
ガイドさんによる富士山登頂への団結式で気合の入った『チームヘルメット』。
そして、これから何時間という登山。

 
長丁場ですが絶対に頂上まで登りたい!とう決意を持って、いよいよ登頂開始です!!

吉田口ルート(5合目出発地点)

期待と不安が入り交じるなか、いよいよ出発。

 
吉田口ルート5合目から出発して、なぜか登りではなく緩やかな下り坂道が続き色々な人達とすれ違います。

疲れきった顔の人、外国の人、小さい子供など老若男女様々。

 
こんなんで登れるんだ?と思いながら歩いていると、最初の分岐点に到着しました。

いよいよ、ここから上り坂に変わるみたいです。
ガイドさんが言うには、

 
『ここまでせっかく疲れきった体で下山してきたのに、なぜかここからまた上り坂になっていくので、通称”がっかり坂”と言われています』

 
確かに登るときは下り坂ですが、下山するときには上り坂。
う~ん、明日の疲れきった体のことを考えると冗談でも少し笑えないと内心不安でした。

とにかくここからは気合で頑張るしかない!!

5合目上り坂~6合目

ここからは緩やかな坂道が続きます。

服装は「半袖Tシャツと「登山用のチェックのシャツ。

でも、少し登るともう暑くなってきたのでチェックのシャツは腰に巻きながら登りました。

 
この後、途中でトンネルらしきものがを通過。

ガイドさんの説明では

 
「何年か前に落石事故があり重大な事故があり、それを防ぐために建てられた物」

 
よくよく考えれば、富士山は「休火山」で、いつ噴火する分からないし、少し怖い・・・

 
その後、緩やかな坂道を1時間ぐらい登って行くと6合目「富士山安全指導センター」に到着しました。
そこで休憩となり、私はトイレに行くことに。

 
事前にトイレは有料と聞いていました、実際はトイレのドアのところに任意でお金を入れるボックスがあります。

有料というよりは、チップ制なので払うかどうかは自由。決して強制ではありません
(ごめんなさい。吉田口ルートは全てが有料ではないのですが、次の年に富士宮ルートで登ってら、ほぼすべてのトイレが有料でした。)

とりあえず、環境美化のために200円を払いました。

 
さて、ここまではあまり急な勾配もなくこんな短い時間で6合目まで行けるのなら残りはたったの5分の4。

案外、楽に行けるかも・・・。と、思ってしまったのですが・・・・。

 
実はここからが本当の意味で、富士山登山の本番の始まりでした・・・。

 
次回 ⇒ 今日の富士山の天気は快晴♪5合目~6合目で山頂が見えました。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です