富士山の登頂に成功!!忘れられない『豚汁』の味。

富士山 登山 山頂 お弁当 豚汁2

前回は宿泊小屋の『御来光館』に到着し、夕食を食べて「ご来光」に向けて仮眠をとったことを書きました。
富士山登山の8合目は自分との闘い!山小屋『御来光館』に到着です。

 
この場所の標高は約3,400m。
吉田 口ルートでは1番頂上に近い場所にある『御来光館』。いよいよ山頂に向けて出発となります。

光の大行列

起床は午前1時。その後15分で出発のバタバタした予定です。

 
実は少し寝坊してしまいました(;゚Д゚)
というのは、寝ている時に少し気持ちが悪くなってしまったのと、寝る前に着替えたロングTシャツの肌触りが悪くて寝苦しかったからです。

 
酸素が薄い・・・。
寝るときも呼吸が苦しい

 
気がついたら周りがザワザワ。でも、いつもの感覚でもう少し・・・寝たい・・・・と思っていたら、突然!!

 
 
「あっ、そういえば時間だ!!」

 
とっさに飛び起きました。半分寝ぼけていたんですね(笑)

 
周り方々はもう着替えが大体終わていたみたいです。私も大慌てで準備をしました。

この時間の外はもう真冬並みの気温。
上はインナーにロングTシャツと半袖Tシャツを着て、その上にフリースを一枚。
防寒着としてレインウエアを着用しました。

①インナーロングTシャツ

↓↓↓On

②半袖シャツ

↓↓↓On

③フリース

↓↓↓On

④レインウエア(上着)

 
下半身の服装はサポートタイツと登山用ズボン、その上に防寒着としてレインウエアを履き、首にネックウオーマーをして準備完了です。

①サポートタイツ

↓↓↓On

②登山用ズボン

↓↓↓On

③レインウエア(ズボン)

 

●ネックウォーマー

 
そして、出発前にトイレに行こうと外にでたとき・・・

なんと、ヘッドライトをした登山客の行列が次々と下から登ってくるではありませんか!

 
こんな時間にこれだけの人達が・・・。

すごい!(゚o゚;;

登頂成功!!!

『御来光館』から出発して最後の400mの登り坂。しかも、急な勾配にゴツゴツした岩場です。
空気のうすさですぐに息が切れて、もう「ハアハア、ハアハア」状態。

 
時間にして1時間半ぐらいだったでしょうか・・・?
途中、警備棒を持った係らしき方々が
 
「もう少しです頑張ってください!」

 
という掛け声をかけてくれるのです。

この言葉がどんなに励みになったことか・・・(;_;)
酸素が薄い中、時には下から続くヘッドライトの灯りを見て息を切らしながら、そして踏ん張って足をだして一歩一歩確実に山頂に近づいています。

このとき高山病だと思われる頭痛はありましたが、御来光館にあった「高濃度酸素装置」のおかげであまり気にならずに済みました。

本当にありがたい。感謝!!

 
もう少し、もう少し・・・。


そして最後の鳥居をくぐり、最後にガイドさんとがっちり握手!
ついに山頂に着くこと出来たのです!

山頂の豚汁は800円

ついに山頂に到着!
着いた瞬間、思わず涙が出そうになりました・・・。

 
「うっ・・・、ついに来たんだな・・・( ;∀;)」

 
言葉にならないとはこのことです。

 
頂上は賑わいを見せていて、「ご来光」を心待ちにされている方々がたくさんいました。
山頂にはお店もいっぱいあるので、本当にここは頂上か?と思うぐらいの賑わいです(笑)

 
ここで「チームヘルメット」は御来光を待つ人、「お鉢巡り」という火山口を一周する人達に別れました。
私も最初はお鉢巡りをする予定でしたが、さすが下山の体力を考えると無理だと判断。

今回はやめておくことにしました。

 
「次回来たときは絶対に行ってやる!」

 
と、すでに次の登山のことを考えていたのです。

 
そして、頂上にある休憩所で御来光館で配られた朝ごはんのお弁当を出し、休憩所で「豚汁」を注文。

この豚汁がなんと1杯「800円」もします(^_^;)
でも、これだけ美味しかった「豚汁」の味を生涯忘れることはないでしょう・・・

 
美味しかったよ~ヽ(;▽;)ノ

 
その後、御来光を拝むはでには時間が少しあったので、頂上にある神社にも行こうと思いました。
でも、一度休んでしまうと立ち上がれる気がしなかったので、そのまま休憩所で御来光が拝める時間まで待つことにしたのです。

 
次回 ⇒ 世界遺産『富士山』のご来光!!感謝と感動の涙。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です