富士山を初めて登山する初心者の方へ『登頂編(まとめ)』

富士山 登山 登頂編2

私は2015年の夏に『うつ病』を治すきっかけの1つとして、世界遺産であり日本一高い山、「富士山」へ登ることを決めました。

しかし、富士山を登山し、頂上を目指すに為にはそれなりの装備知識がないといけないのでは?と考えたのです。

 
初めて富士山の登山を挑戦する初心者の方にとっては「何をしていいのか?」がわからないのではないでしょうか?

 
そこで、今回は私と同じように「これから富士山に登ろう!!」とする初心者の方へ私が富士山を初登山するための準備や実際に登山をしてきた記録をまとめました。

 
私がどんな気持ちで何を準備し、道具や装備などいったい何を揃えたら良いのかなど、四苦八苦してきた記録が書いてあります。

 
今回は「吉田口ルート」の5合目~山頂でのご来光、そして下山までを『登頂編』としてまとめています。

 
前回は『登山編』の前に、『準備編』として初登山までに揃えてきた服装や装備品の記事をまとめました。

まずは、『準備編』を先に読んでいいただくとより理解が深まると思いますので一読していただけたら幸いです。

1番安いツアー会社は?富士山登山の初心者はツアーが安心です。

富士山の初登山への準備は整いました。
しかし、次に心配になってくるのは「どのようにして富士山までいくか?」、そして「どのルートで登っていくか?」という事でした。

特に1人で登るというのは、何かがあったら誰も助けてくれないという事。これはとても不安になります。

 
そこで、富士山の登山を2回経験している妹に相談したところ・・・

 
それならツアーでいけばいいじゃん。」と言われ、私も「あっ、そうか!」ということで、すぐに富士山登山のバスツアーを探したのです。

 
登山のための服装や装備品などで予算を大幅にオーバーしていることもあり、出来るだけ安くて内容のいいツアーをインターネットで色々探してたところ、いいところが見つかったので記事の中でご紹介しています。

1番安いツアー会社は?富士山登山の初心者はツアーが安心です。

富士山登山のツアーにて5合目まで。途中でも驚くことが沢山です!

富士山登山のバスツアー会社を利用して、いざバスにて富士山登頂の出発点の5合目へ。

今回は吉田ルートでの登山ですが五合目に到着するまで、また5合目に着いてからも驚いた光景書いています。

 
そして、あの有名な「〇〇棒」も5合目で発見しました!

富士山登山のツアーにて5合目まで。途中でも驚くことが沢山です!

世界遺産の富士山を登山する事に感謝の気持ちを持ってください。

出発点である5合目に到着し、いよいよ登山開始。
その前段階として、富士山を登るにあたっての心構えについてお伝えしています。

これについて個人的にはとても大事で大切なことだと思っています。

 
富士山も世界遺産になって「登山料」について色々議論もありますが、そのことについても少し書いてあります。

また、登山を開始する前の水分の事(どのくらいの量を持って登ったらいいのか)についても重要なことをお伝えしているので、ぜひ参考にしてくださいね。

世界遺産の富士山を登山する事に感謝の気持ちを持ってください。

富士山5合目(標高2,400m)出発!トイレのお金は強制ではありません。

富士山の登山スタート地点である5合目~6合目までの記録です。この標高での服装についても書いてあるので、参考にしてくださいね。

 
(追記)
記事タイトルに”強制ではありません”と書いてありますが、これは登るルートや場所によって違いました。

翌年に『富士宮ルート』から登りましたが、ほぼすべての場所でお金がかかりました。申し訳ありせんでした。

富士山5合目(標高2,400m)出発!トイレのお金は強制ではありません。

今日の富士山の天気は快晴♪5合目~6合目で山頂が見えました。

この日は快晴でしたので、5~6合目からでも山頂がしっかりと見ることができました。

目に見えるところ山頂が見えるので、「すぐ着いてしまうのでは?」と思ってしまいましたが、そうは甘くありませんよ(笑)

今日の富士山の天気は快晴♪5合目~6合目で山頂が見えました。

富士山のmy「ライブカメラ」中継!7合目から上は神秘の世界。

7合目からは色々な景色が見えます!

例えば「〇〇富士」と名付けられたものなど、初めて登る者にとっては神秘の世界。ガイドさんでさえめったにお目にかかれない景色も見られました。

 
しかし、登山道は大行列です!
7合目辺りで使用した服装や装備品についても紹介しています。

富士山のmy「ライブカメラ」中継!7合目から上は神秘の世界。

富士山の登山8合目は自分との闘い!山小屋『御来光館』に到着です。

8合目まで登ってくると、かなりの疲労感。
まして標高も3,000メートルを超えるので酸素がうすく、息切れもしてきて負担が体に重くのしかかってきます。

 
登っても、登ってもなかなか到着点が見えてこないこのつらさ・・・。周りも暗くなってきて、だんだんと寒さも厳くなり、いっそう体の負担はかなり大きくなってくるんです・・・。

 
ようやく1日目の目的地である仮眠小屋『ご来光館』に到着したときは、本当にほっとしました。

ここでの仮眠時にとっても重宝した小物アイテムについてもご紹介しています。

富士山登山の8合目は自分との闘い!山小屋『御来光館』に到着です。

富士山の登頂に成功!!忘れられない『豚汁』の味。

『御来光館』で仮眠を4時間ほど取り、いざ山頂に向けて出発!
外に出ると、私が仮眠した山小屋より下で仮眠していた方々達の大行列がご来光に向けて山頂へ行進してきていました。

ヘッドライトの光がまるで「蛍の光」みたいできれいでした。

 
そして、ついに、ついに頂上へ到着し登頂に成功!!
今までの苦労が思わず涙に変わりました・・・。

 
頂上で注文した「豚汁」。800円もして「高え~~」と思いましたが、標高が高ければお値段も高いのは世の常です。

ここでの豚汁の味は一生忘れることはないでしょう。

富士山の登頂に成功!!忘れられない『豚汁』の味。

 

世界遺産『富士山』のご来光!!感謝と感動の涙。

いよいよクライマックス!!!

この日は快晴で”ご来光”を、しっかり・はっきりと拝むことが出来ました!

 
初めてみる富士山のご来光。見た時は感極まりない瞬間です。
この光景と感動は、本当に一生忘れることはないでしょう(;_;)

世界遺産『富士山』のご来光!!感謝と感動の涙。

富士山は下山も過酷!!それでもまた登山したくなる魅力とは?

富士山の下山記事です。
正直、つらかった・・・。太ももがプルプルと(笑)

 
下山している途中に、私は足の「ある部分」を損傷してしまったので気をつけなけらばならないなと思いました。

ここでは、富士山に対する私の想いもお伝えしています。

富士山は下山も過酷!!それでもまた登山したくなる魅力とは?

なぜ?世界遺産である『富士山』登山の初心者はしっかりした準備が必要なのか?

富士山を初めて登る初心者が揃えておいた方が良い服装や装備品、また事前の準備品など、今までの総まとめをお伝えしています。

特に、『高山病』は富士山を登るうえでの障害のリスクが高くなります。甘く考えないで、しっかりと入念な準備をして下さいね。

なぜ?世界遺産である『富士山』登山の初心者はしっかりした準備が必要なのか?

これから富士山を初めて登れられる方へ、私からのメッセージ

以上までが『登頂編』の記事をまとめです。

 
富士山を初めて登るにはどんな準備をしたらいいか?

どのルートで登ればいいのだろうか?

 
など色々な疑問が不安があると思いますが、私も富士山を初めて登る前はあなたと同じ不安の気持ちでいっぱいでした。

 
もし、この『富士山・初登山の登頂記』を参考にしていただき、あなたが初登山での登頂を成功したのなら、私にとってこんな喜ばしいことはありません(*^▽^*)

 
今まで読んでいただき、本当にありがとうございました。

 
まだ、富士山登頂記の『準備編』のまとめを読まれていない方は、こちらも参考にしてくださいね(^-^)

 
富士山初登山(準備編・まとめ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です