『もっちもちあんころ餅』(セブンイレブン)と伊勢名物『赤福餅』と比べてみた♪

コンビニ スイーツ セブンイレブン 和菓子 あんこ もっちもちあんころ餅 赤福 伊勢 名物102

今回は、コンビニスイーツで~♪

セブンイレブンの和菓子スイーツ
もっちもちあんころ餅のご紹介です♬

もっちもちあんころ餅

お餅に”あんこ”が包んである定番の和菓子。
しかもお餅に”もっちもち”という言葉をつけるなんて、どれくらい柔らかんでしょ?とても楽しみです(´∀`*)

『もっちもちあんころ餅』は2016年2月9日発売。お値段は150円(税込)です。

 
先ほども言いましたが、お餅にアンコが包んである和菓子は定番のスイーツです。
これと同じような和菓子では、伊勢名物『赤福餅』が有名ですね。

そこで、今回の『もっちもちあんころ餅』と『赤福餅』をどう違うが比べてみたいと思います。

 
そんな期待の”もっちもち”というキーワドに、はたしてどのようなドラマが待っているでしょうか?

オ~プン

 

どんっ

4個の”丸い”と言うか、先っぽが”栗”のような4つのあんころ餅。

どこかでみたようなカタチだが・・・

 
そう、ス〇〇ム(笑)

 

その1つを拾い上げてみると、軽い感じでフォークが入っていきました♫

 
それでは、そんなス〇〇ムあんころ餅の中身をみるために~

 

スパっ

割ってみました♬

 
やっぱり、形はス〇〇ム・・・ではなくて・・・きれいなもち米の登場(笑)

ほんのり香る小豆がスイーツ欲をそそります♫

 
 
ではでは、中身のリサーチもし終わったところで~

いただきま~す

実食&感想

まずは一口・・・(´~`)モグモグ

 
 
まずは定番のアンコの味が口のなかに広がってきます(^-^)
やや甘さは控えめ。

 
で・す・が・・。

違うのはここからでした。

 
(´~`)モグモグ

 
なんと、餅がトロけるように口のなかで消えていくような食感!甘さひかえめのアンコとお餅の軽さがついつい口のなかに運ばれてしまい、一気に4つ食べてしまいました~!!

 
わずかなんですが、もち米風味がアクセントになって香ばしい♪

 
 
さて、『赤福餅』と比べてみます。

大まかな作りの構造はは同じですが、赤福餅は

 
・サイズが大きい、

・アンコは濃く甘い

・餅は”もっちもちというよりは、”もちもち”という感覚・・・。

 
う~んと”もっちもち”と”もちもち”では、後者の方が少し固いかな?っというニュアンスなんですが、赤福餅のほうがはっきりいって固いです!

 
それに比べ『もっちもちあんころ餅』は、キーワードである”もっちもち”をしっかりと表現できている秀逸の商品だと思います(^-^)

 
ですので・・・

 
・甘さがあり、噛みごたえがあるなら『赤福餅』

・甘さは控えめだけど、”もっちもち”の食感なら『もっちもちあんころ餅』

 
がいいと思います。

 
ただ、1個の大きさが小さいので4個一気に食べてしまいました。
そうすると、いくら甘さが控え目でも、暑いお茶がほしくなりますね(´∀`*)

ついつい、疲れたときとに、一口、口に入れたい甘さです♬

 
お年寄りの方が甘いお餅を食べたいけど、喉に引っかかって危ないってと思う時ってありませんか?
そんなとき、この『あんころ餅』ならば、よく噛んで食べれば喉にひっかからずに安全で食べられそうですね(^-^)

 
少し冷やし気味にして、熱いお茶と一緒にだすと喜ばれますよ~♫

ごちそうさま~(^^♪

カロリー・原材料のまとめ

☆ 気になるカロリーと原材料をチェック

✩まとめ

コンビニ名 セブンイレブン
発売日 2016年2月9日
カテゴリー 和菓子(あんこ餅)
販売価格 150円(税込)
カロリー 175cal
製造元等 十勝大福本舗

独断と偏見のmy評価

●チャート評価5段階評価 ⇒ スイーツ評価の仕方はこちら

『もっちもちあんころ餅』の総評

何といっても、中に入っているお餅の柔らかさが素晴らしい!よく噛まなくてもとろけ消えていきます。”もっちもち”という言葉をうまく表現出来ていますね(^-^)

 
ただ1個1個が小さいので、よーく味わって食べてください。『もっちもちあんころもち』はロングセラーになってほしい和菓子スイーツです!

 
 
というわけで、今回の【いいね!】ボタンは・・・

【4いいね!】に決定!!!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です