カリカリ♪食感が楽しい!『マカロン(瀬戸内レモン&バニラ)』(ローソン)

コンビニ スイーツ ローソン 洋菓子 マカロン レモン 瀬戸内レモン バニラ 不二家82

今回はコンビニスイーツで~♪

ローソンの洋菓子スイーツ
マカロン(瀬戸内レモン&バニラのご紹介です♫

マカロン(瀬戸内レモン&バニラ)

今回ご紹介するマカロンですが2つの疑問があります。

 
1つは「マカロン」とは何?もう1つは「瀬戸内レモン」て有名なの?

 
ということです。

 
そこで、少し調見ることにしました。

ウィキペディアによると

卵白と砂糖とアーモンドを使ってオーブンで焼きあげた菓子で、直径数センチの半円形をしており、フランスを代表する洋菓子であるが、発祥地はイタリアであり、語源はマカロニと同じものである。「マコロン」「マキャロン」とも言うが、「マコロン」(macaroon)は厳密には別の菓子を指す。

要するにフランスのビスケットみたいなものでしょうか?

 
次に「瀬戸内レモン」

これは多分「広島レモン」のことを言うのだと思いますが(違っていたらごめんなさい)、どうやら国内生産がNo1のレモンということですね(^-^)

 
そんな豆知識はどうでもいいんじゃ~!
と思われる方もいると思いますので、さっそくリサーチしていきましょう!

『瀬戸内レモン&バニラ』は2016年6月21日発売。お値段は220円です。

 
それでは~

オ~プン

 

どんっ

『マカロン(瀬戸内レモン&バニラ)』の登場~♪

 
黄色と、やや色味のかかった白(バニラ色?)の色のコントラストが綺麗なお菓子。
固さは軽く叩くとコツコツします。

 
気になる中身を確認するために・・・

 

スパっ

割ってみました♪

 

瀬戸内レモンのマカロンの中は、白いクリーム。
よくよく見ると、レモンピールの粒が見えますね(^-^)

バニラの方は、少しわかりづらいのすがやはりクリームが入っています。

 
 
ではでは、中身の確認もし終わったので~

いただきま~す

実食&感想

まずは、瀬戸内レモンのマカロンをいただきます!
(´~`)モグモグ

 
 
風味で勝負というところでしょうか?
食べた瞬間にレモンの香りが口の中に広がっていきます(*´∀`*)

 
サンドしてあるペーストはレモネードのような酸味がきいて、甘さのなかにわずかな酸っぱささがワンポイント。

中に入っているのはやはりレモンピールで、これを意識して食べればつぶつぶ感を楽しめてますね♫

 
お次はバニラにいってみましょう~

 
(´~`)モグモク

 
う~ん、こちらはバニラ風味が少ない・・・、というか”ない”?

食べた感じは砂糖菓子を食べているような感覚で「ただ甘いだけ」という印象が強くなってしまいした。

 
 
今回のマカロンの主役は「瀬戸内レモン」の方だと思います。

瀬戸内レモンは甘さに酸味がアクセントになっていて食感もビスケットのようにカリカリ楽しく食べれます。

 
でも、バニラの方はといったら風味も少なく甘すぎて飽きてしまいそうでうですね(^_^;)

 
マカロンはとにかく甘い!!
価格も一個の価格が百円以上なので、高級菓子の部類に入るのでそれなりに美味しさを求めても良いと思います。

 
以前ご紹介したローソンマカロン(あまおう&宇治抹茶)

今回紹介したマカロンが加われば合計で4種類となるわけですが、私のおすすめする順番をつけると

 
「あまおう>瀬戸内レモン>宇治抹茶>バニラ」

 
という評価になります。

 
 
このマカロンは日本で言う沖縄のチンスコウ(ご存知ない方はごめんなさい)のようなカリカリビスケット感覚。

 
このビスケットのような心地よい食感を、レモンティーなどと一緒に午後のおやつなどにいかがでしょうか?

ごちそうさま~(^^♪

カロリー・原材料のまとめ

☆ 気になるカロリーと原材料をチェック

✩まとめ

コンビニ名 ローソン
発売日 2016年6月21日
カテゴリー 洋菓子(マカロン)
販売価格 220円(税込)
カロリー 瀬戸内レモン(66cal)
バニラ(72cal)
製造元等 不二家

独断と偏見のmy評価

●チャート評価5段階評価 ⇒ スイーツ評価の仕方はこちら

『マカロン(瀬戸内レモン&バニラ』の総評

ビスケットのような食感を楽しむのもマカロンの楽しみ方の一つ。

 
今回の主役は確実に「レモン」だと思います。1つ1つが小さいのでよ~く味わって食べてくださいね(^-^)

 
 
というわけで、今回の【いいね!】ボタンは・・・

【3いいね!】に決定!!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です