ケアマネの試験を1発合格した私が行った『3つの事』とは?

ケアマネ 介護支援専門員 試験 合格 通信講座 ユーキャン2

前回は、私がケアマネ試験に得点率9割で1発合格したことを書きました。

1発でケアマネ(介護支援専門員)の試験に合格する勉強方法を教えます!!

 
今回は私がケアマネの試験に1発合格するために行った『3つの事』について書いていきます。

①過去の合格率を気にしない

少しケアマネのペーパーテストの合格率を見てみましょう。

※『厚生労働省 第20回介護支援専門員実務研修受講試験の実施状況について』を参照

 
平成29年の試験(第20回)は前年と比べて合格率が上り、25.1%でした。
(実際に試験を受けて、前年よりだいぶ簡単だったなという感触でした)

しかし、この先も簡単になるか難しくなるかなんてわかりません

 
もう1度言います。

 
簡単になるか難しくなるかなんてわかりません!

 
そんなこと考えたってしょうがないんです!!
なぜなら、ケアマネは勉強すれば合格できる試験だからです。

 
なにも、弁護士の試験を受けようってわけではないですよね?

ケアマネは弁護士の試験みたいに何年も勉強しなくても、しっかり勉強するば必ずとれる試験なんですよ。

それを・・

 
「合格率が悪いから」

 
だとか

 
「難しいから合格できないや~」

 
なんて、合格率を見るからやる気をなくすんですよ。

その途端、気持ちで負けてしまうんですね。

 
合格率はあくまで目安。

要は、そんなこと気にする暇があったら勉強しろ!ってことです。

②通信講座と市販の問題集を併用して勉強する

ケアマネ試験対策の勉強方法は色々あります。

 
●ケアマネ試験対策の学校

●通信講座

●参考書

 
この3つが主流ではないでしょうか?

 
費用が高くなる順番として、

 
学校 > 通信講座 > 参考書

 
となります。

 
私が主軸にしたのは通信講座
それにプラスして、市販の問題集で「問題を考える力」を養っていきました。

 
通信講座を勉強の主軸においた理由は、

 
模擬試験などの添削やテスト対策が豊富にある

試験の傾向や対策など情報の提供をたくさんしてくれる

 
など必要最小限のサポートをしっかりしてくれて心強いから

 
試験対策の学校は費用的に高い。
かといって市販の参考書や問題集だけだと完全に独学になるのでなんか心細い・・・。

このような理由から通信講座を受講したのです。

 
基本的に通信講座ならどこでも良いが、私が選んだのは『ユーキャン』のケアマネ講座。

通信講座は費用が少しかかりますが、何年もかけてケアマネを受験するほうが費用と時間の無駄

時間 = お金だと思うと、通信講座を受講したほうが長い目でみれば得ですよ。

③机に向かって勉強するという行動(一番大事)

”これが一番大事”です。

どんなに良い勉強方法、どんなに良い通信講座、どんなにすばらしい参考書使や問題集を使っても勉強しなければ意味がありません

でも「勉強しろっ」て言っても、なかなか出来ないのが人間です。

そこで私が行動するためのヒントを教えますね。

「行動するためにヒント」

①まず『ケアマネ試験に合格する』と紙に書く

      ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

②「なぜケアマネの試験に合格したいのか?」「合格したらどうなるのか」を①の『ケアマネ試験に合格する紙』を1日1回は見ながら考える。

 
例えば

 
「私は、ケアマネに合格して給料を上げたい!」

 
とかでもいいんですよ。

このように試験を受ける目的を自分のなかで刷り込むことで、不思議と勉強しなくちゃという気持ちになります。

是非、参考にしてみて下さい。

 
 
今回は、私がケアマネの試験に1発合格するために行った3つの事を書きました。

次回は、私が勉強の教材の主軸として通信講座の『ユーキャン』を選んだ理由をお伝えします。

※次回 ⇒ ケアマネの試験を1発で合格した私が『ユーキャン』の通信講座を選んだ理由。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です