ユーキャン『ケアマネジャー講座』の勉強方法①:まずはテキストを一読、流し読みする。

ケアマネ 介護支援専門員 通信講座 ユーキャン テキスト2

前回はケアマネ試験を得点率9割で1発合格した私が、試験勉強を始めるにあたっての『心構え』についてお伝えしました。

これが1番大事!ケアマネの試験を得点率9割で1発で合格した私の心構え。

 
何度も、何度も『心構え』については大切だとお伝えしています。

この気持ちをしっかり持つだけで結果が大きく違ってくるので、必ず読んで下さいね!

 
それでは、今回から具体的に試験を合格するための基礎力を養う教材

ユーキャン『ケアマネジャー講座』勉強方法について書いていきますね。

6冊の基本テキストについて

まず、ユーキャン『ケアマネジャー講座』の基本テキストであるこちら(※写真は2017年度版)

全部で6冊

この6冊には、それぞれ1つのテーマがあります。

では1冊づつ、ザックリですが内容を紹介していきます。

1、介護保険制度論(介護支援分野)

介護保険制度について全般的に書かれてあります。

例えば、介護保険制度の成り立ち、現状の介護の状況、介護保険サービス事業所の決まり事など介護保険制度の大枠的な内容です。

2、介護支援サービス論(介護支援分野)

ケアマネジャーに関する事が書かれています。

ケアマネジャーとしての「心構え」や「あり方」、そして業務内容などケアマネとして知っていてほしい内容です。

3、高齢者介護論Ⅰ(保険医療サービス分野)

高齢者の多い病気を脳や神経、肺や心臓などの循環器、骨・筋肉等の運動器など各器官ごとに書かれた内容。

4、高齢者介護論Ⅱ(保険医療サービス分野)


食事の介護、睡眠の介護など、各場面に対する介護についての内容。
また、薬剤管理や感染症などの介護にからむ医療分野についても書かれています。

5、高齢者支援論Ⅰ(保険医療サービス分野)

訪問介護や訪問リハビリテーションなど、介護保険適用となる各医療サービスについて書かれた内容。

6、高齢者サービス分野(福祉サービス分野)

介護保険適用となる介護サービス事業所の種類、そして高齢者以外の福祉サービスについて書かれた内容。

 
ザックリと6冊の基本テキストの内容をお伝えしました。

今はあまり気にしなくていいのですが、実際の本試験では出題される分野の比率が違うことだけは少し頭に入れておいてください。

※出題分野について、詳しくは『これが1番大事!ケアマネの試験を得点率9割で1発で合格した私の心構え。』に書いてあります。

テキスト6冊を流し読みする

それでは、ご紹介した基本テキストを使って、あなたが1番はじめに行ってほしいことを言いますね。

それは、

 
「6冊の基本テキストを全て流し読みする」

 
ということ。

まず、この作業を行ってください。

 
流し読みのポイントは

 
本を流し読みするように、テキストも流し読みする

細かい用語は覚えなくて良い

時間をかける必要はない

難しそうなところは飛ばして読んでも良い

暇なときに、どんどん読み進める

 
以上のことを意識して読んでみてください。

なぜ、流し読みで一読するのか?

流し読みする理由は、いくつかあります。

その理由は

 
①ケアマネジャー試験に必要である基礎的な知識がなんとなく理解できる

②「勉強しますよ」と体にチューニングしていく

③「体や脳を勉強体質にする」ため

 
 
それでは順番に説明します。

①ケアマネジャー試験に必要である基礎的な知識がなんとなく理解できる

ポイントは「基礎的な知識」です。

私は、基本的にユーキャンの通信講座は「基礎力をつける教材」だと思っています。

 
”基礎力って何”って思われるかもしれませんね?

私の解釈は

 
●覚えなければいけない用語

●ケアマネジャーとして最低限は知っておかなければいけない知識

●試験に出る内容の流れ

 
だと思います。

その基礎力をつけると、本試験の6割~7割を解答できる力を養うことが出来ると前々からずっと言ってきました。

そのために、まずは6冊のテキストを流し読みして、”なんとなくこんな内容だったな”と脳に意識させといてください。

 
よく私が本を読むときのやり方です。
私は本を読むとき、1回読んで終わりにしません。

まずは一読、流し読みして内容をおおざっぱに理解する。

そして細かいところは2回、3回読み直して少しずつ深く理解していきます。

例えるなら、まずは「森全体を見て、森の中に入って木々や葉っぱを見ていく」という感覚ですね。

ぜひ、ケアマネジャーの基本テキストを軽くでいいので一読、流し読みしてみてください。

②「勉強しますよ」と体にチューニングしていく

少しスピリチュアルな感じですが、しっかりとした「脳科学」の分野で言われていることです。
(実際、私はスピリチュアルや精神論的なものが好きですが(笑))

例えるなら、波長を合わせること。

 
考えてみてください。

自分の嫌いな人って話そうともしないし、顔を合わせるのも嫌ですね?

それって、自分と波長が合わないからなんです。

でも、これからあなたが行おうとしていくことは嫌いな人(勉強)とお付き合いしなければいけない。
(まあ、勉強が好きな人は違いますが・・・)

 
その嫌いな人(勉強)に波長を合わせるにはどうするか?

それは、少しずつ嫌いな人(勉強)と付き合って、そして理解していかなければいけないんですね。

つまり、テキストを一読することによって”勉強する”ということに波長を少しづつ合わせていくことが出来るです。

そうですね、「挨拶」みたいなものです<(_ _)>

 
「こんにちは、よろしくね。ケアマネのテキストさん」

 
みたいな感じ(笑)

ぜひ、これから仲良くするために一読してみてくださいね(^^)v

③体や脳を勉強体質にする

これは「理由②」の話の続きで、とても大切。

人間は本能的に

 
「現状を維持しようとするメカニズム」

 
が働きます。

これは潜在意識で働くメカニズムなので人間である以上、逃れられないです。

 
潜在意識と聞いて。

 
「また、怪しいこと言って~・・・」

 
と思わるかもしれませんね(笑)

でも、潜在意識は「脳科学」の分野で研究されているしっかりとした学問。

簡単に言うと「無意識」です。

 
そう、無意識に現状を維持しようとするのです。

例えば、

 
「勉強をずっとしているなら、ずっと勉強している」

「貧乏なら、ずっと貧乏」

「暗い人は、ずっと暗い性格のままでいる」

 
など、現在の状態を保とうとします。

 
さらに簡単に言い換えるなら「習慣」みたいなものでしょうか?

だから、何かを変えたいと思っている人はその習慣が身についてしまっているので、思っていても現状を維持するメカニズムが邪魔をしてしまっていつまでも変えることが出来ないのです。

 
と、これについて書いていくとすごく長くなるのでここまでにしますね。

 
そう、”なんか勉強する気が起きないんだよな~”という気持ちは

 
「勉強しない」

 
という現状の状態がずっと続いているので「勉強しない」という無意識の気持ちがブレーキになってしまって、いつまでも勉強しないという状態が続いてしまいます。

 
これではいつまでたっても先に進みませんよね?

では、どうすれば良いのかというと、

 
「”勉強しない” から “勉強する”」

という現状に書き換えればいいのです。

 
そこで「理由②」で書いたことを見直してみてください。

「理由②」では、ケアマネジャーの勉強というものに対して自分の波長を合わせるチューニング作業について書きました。

その波長を合わせるにはテキストを一読、流し読みすること。

そうすることで、少しずつ、本当に少しずつ勉強するという習慣(現状)に変わってくるんです。

そして、

 
「勉強しない ⇒ 勉強する」

 
という現状が潜在意識に書き換えられたときに、あなたのケアマネの試験勉強はさらに加速するモチベーションとなってくれますよ。

ぜひ、このことを参考にして、まずはテキストを一読してみてください。

 
以上テキスト6冊を一読、流し読みする理由を書きました。

ただ単に流し読みするのではなく、上に書かれた「理由①~③」のことを意識しながら読み進めるのとではだいぶ読み方に違いが出てきますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 
 
次回は、ユーキャン『ケアマネジャー講座』の勉強方法の②として、基本テキストを一読し終わった後に何をすればいいのかを書いていきます。

※次回 ⇒ ユーキャン『ケアマネジャー講座』の勉強方法②:自己流のノートを作る。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です