ユーキャン『ケアマネジャー講座』の勉強方法③:添削課題の活用方法

ケアマネ 介護支援専門員 試験 合格 通信講座 ユーキャン 勉強方法10

前回は、通信講座ユーキャンの『ケアマネジャー講座』の基本テキストを活用して『自己流ノート』をどのように作っていけばいいのかを書きました。

ユーキャン『ケアマネジャー講座』の勉強方法②:自己流のノートを作る。

 
今回は『自分流ノート』を作った後の勉強法、

 
『添削課題』

 
の活用法をテーマにしてお伝えしていきます。

知識や用語を頭にインプット

まずは、前回の記事で自分なりのノートが作れたと思います。

(私の自己流ノート)

その『自己流ノート』をしっかり頭の中に叩き込みましょう!

 
試験の直前まで時間をかけて、しっかり自分が作ったノートの内容を覚え込むことです。

市販の教材のように、ただ空欄を埋めるようなノートとは違って自分なりに考えて作ったものは愛着がわくのでとても勉強のモチベーションになると思います。

 
添削課題を始める前に、しっかりと時間をかけてノートと会話をしながら勉強して下さいね(^^)v

添削課題に挑戦

『自分流ノート』の内容をある程度覚えたなあ~

と思ったら次に添削課題に挑戦です!

添削課題のやり方は講座のなかで説明されているので、指示通りに実施すること。

『自分流ノート』をしっかりインプット出来れば高得点が取れます!

私の成績

では、なぜ高得点が取れるのかというと、論より証拠。

私の成績をみてください。

(第1回 添削課題:89点)

 

(第2回 添削課題:99点)

 

(第3回 添削課題:77点)

 

(第4回 添削課題:85点)

 

(第5回 添削課題:83点)

 

(第6回 添削課題:89点)

 
すべて『合格点』です!

高得点が取れると、「しっかり『自分流ノート』を作って良かったな」と感じました(^^)v

添削された後の活用法

添削課題もやりっぱなしではダメ

添削された後もしっかり活用していきましょう。

では、どのように活用していけばいいか?

その活用方法を説明しますね。

 
基本は、今までの勉強方法と同じです。

 
①添削課題を提出すると採点と講評が返ってくるので、自分が間違った問題をチェックする。

 
②採点と講評と一緒に回ごとの解答と解説がついてくるので、その解答と解説を1問ずつチェック。

③チェックした個所を基本テキストにマーカーしていく

④マーカーした場所を自分流ノートに書き足していく

『合格するノート』に近づくために

何度も言いますが、基本は前回お伝えした『自分流ノート』の作り方と一緒です。

もう一度前回の記事をチェックしてみて下さい。

 
今までノートにまとめてきた基本テキストの「基本問題」「応用問題」でチェックした内容が、『添削課題』では出てこないことが必ずあります。

そこは、まだあなたが知らない知識や用語ですよね?

その、知らない知識や用語を『自分流ノート』に肉付けしていくということをしていくのです。

 
これは添削課題だけではなく、後の記事でお伝えしていく「応用問題の教材」の勉強方法でも同じ事。

そうすることによって、ますます自分のノートが『合格するノート』になっていくんですね!(^^)!

 
せっかく高い費用を出して受講した教材をフル活用して合格に向けて頑張っていきましょう!!

 
 
次回はユーキャン『ケアマネジャー講座』の勉強方法④として、もっと、もっと合格に近づくための『まぎらわしい箇所ノート』の作り方についてお伝えしていきます。

※次回 ⇒ ユーキャン『ケアマネジャー講座』の勉強方法④:『まぎらわしい箇所ノート』を作ろう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です