”自律神経の乱れ”を引き起こす『4つのストレス』とは?

精神的ストレス ストレス 人間関係2

これまで自律神経の乱れが、様々な体の不調の原因になることをお伝えしてきました。

自律神経の乱れで起こるかもしれない症状とは?

 
そして、国民病とも言われる「肩こり」や「腰痛」も自律神経の乱れからおきているかもしれません。

もし「肩こり」や「腰痛」の原因が『自律神経の乱れ』だったら?

 
自律神経の乱れの原因は、主に交感神経が過剰に働いてしまうということです。

 
では、この「交感神経」がなぜ過剰に働いてしまうのでしょうか?

結論から言うと、交感神経が過剰に働いてしまうはストレスのせいです。

 
しかしストレスと言うと、あなたは漠然としたイメージや感覚しかないかもしれませんね。

そこで今回は、『ストレス』にはどんなものがあるかについて書いていきます。

ストレスと言うと何を思い浮かべますか?

以前の記事で、自律神経である交感神経副交感神経はシーソーのような関係にあり、どちらか片方が働くと、もう片方は働かなくなってしまうということをお伝えしました。

 
働きながらでは体が休めないように、

心と体が働いていては、心と体は修復出来ない

ということです。

 
その心と体を否応なく働かせれてしまう原因の1つとして『ストレス』が関係してきます。

 
ところであなたは、この『ストレス』について何を思い浮かべるでしょうか?

 
●上司?

●部下?

●ご近所の方?

●嫁?

●姑?

●それとも・・・??

 
こんな感じで思い浮かべる方もいると思いますし、それ以外の方もいるかもしれませんね。

そう、多くの方が思い浮かべるのは上記のような人間関係によるストレスですよね。

これを精神的ストレスと呼びます。

 
あなたは、

”ストレス=精神的ストレス”

と思われているかもしれませんね。

 
しかし、ストレスには他にも4つあるのです。

4つのストレス

精神的ストレスを含め4つのストレスがあります。

精神的ストレス

構造的ストレス

化学的ストレス

温度や湿度などの環境的ストレス

この『4つのストレス』については後ほど詳しくお伝えしていきますので、今回は『4つのストレス』とは何なのかを知ってください。

①精神的ストレス

人間関係など、精神的に嫌だなぁと思うこと。

構造的ストレス

骨盤のゆがみなどが、体や脳に与えるストレス

③科学的ストレス

排気ガスやシンナーなどの化学物質によるストレス

また、食べ物不足による栄養的なストレスも含まれます。

④環境的ストレス

暑い・寒い・蒸すなどの温度や湿度、天候などが関係するストレス

 
 
いかがでしょうか?

多くの方が、①の「精神的ストレス」だけがストレスだと思っているのではないでしょうか?

でも、実は他の3つもストレスとなり『交感神経』(興奮する神経)を働かせてしまう原因になってしまうんですね。

 
この『4つのストレス』を知っていると、あなたは「ストレスに耐えられ限界値」をコントロールをすることが出来るのです。

この「ストレスに耐えられる限界値」のことを、ストレスレベルといいます。

 
次回は、この「ストレスレベル」について詳しくお伝えしていきます。

※次回 ⇒ 自律神経の乱を防ぐために『ストレスレベル』を知ろう!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です