不妊テクニックマスター養成講座(第1講):不妊症改善の第1歩は便秘の解消です!

日本妊活協会 不妊テクニックマスター養成講座 整体 排泄 便秘102

以前、私は日本妊活協会が開催している治療家向けの「不妊テクニックマスター養成講座」のプレセミナーに行っていってきました。

 
不妊妊テクニックマスター養成講座は、不妊の方を対象とした整体や知識を学べる勉強会。

プロフィールでもお伝えしていますが私は、人の身体を施術する治療家です。

そして、私達夫婦はアラフォーで妊活中。

どうしても子供を産むことを望んでいる妻のため、そして治療家として私は「不妊テクニックマスター養成講座」を受講することを決めました。

 
講義内容は、回ごとにテーマがありますが、今回は第1回目の勉強会で学んだことについて書いていきますね。

第1回目の講義内容

第1回目講義内容は

妊活プログラムの内容

内臓のシステム

問診

内臓整体における身体への触れ方

便秘と不妊

についてです。

特に妊活プログラムという不妊の方に対して、どのようなプロセス妊活をすすめていけばいいのか?という初日から基本的ではあるが、とても重要な内容を教えていただきました。

 
そして、不妊と便秘の関係。

まず不妊の方には”排泄”機能を良くすることがとても大事であるということを教わりました。

目からうろこの話ばかりで、これなら妊活されている方にもどのようなアプローチの仕方をすればいいかを知ることが出来たのです。

妊活プログラム

私の妻も現在進行形で妊活中ですが、不妊悩む方はたくさんいます。でも、妊活協会が考える『子宝整体』の考えは一貫していてます。

次の表をみて下さい。

子宝整体 妊活プログラム

排泄(出す)
便秘・生理痛・アレルギー・アトピー・頭痛・肩こり・腰痛・慢性疲労・感情など の改善
  ⇓⇓⇓
消化・吸収(入れる)
だるさ・消化不良・下痢・食物アレルギー・胃腸炎・腸内環境の改善
  ⇓⇓⇓
循環・免疫(維持する)
ストレス・冷え・むくみ・副腎疲労・子宮内膜症・子宮筋腫の改善
  ⇓⇓⇓
生殖(生殖機能の改善)=生理不順・排卵障害・ホルモンの乱れ・多嚢胞性卵胞などの改善
  ⇓⇓⇓
成長(母としての知恵)
気づく・学ぶ・改める

という、ステップを踏んでいきます。

まず最初のステップである”排泄”ですが、排泄とは、便秘や生理痛・アレルギーなど体に蓄積されたものをすべて出す(デットクス)機能を高めるということ。

この機能がうまくいかないと、次のステップである”消化・吸収”がうまく出来ないし、次のステップの循環・免疫を良くすることが出来ないということです。

 
例えば、サプリメント。

排泄がうまく出来ないと、吸収がうまくいかない。吸収がうまく出来なければ、どんなに良いサプリメントを飲んでも吸収できなくて効果が出来ないということです。

だから、まずは排泄する機能を高めてなくてはいけないのです。

 
逆を言うと、このステップを踏んで治療していけば、体の機能が良くなってきてより妊娠しやすい体になってくるということですよね。

とても、理にかなっていてすごいなと思いました。

 
以前、不妊整体専門の「みらい整体院」の清水先生からファスティングをした方が結果が早いと言われたのは、この事だったのか!と理解しました。

このブログでも書いていますが、妻も、清水先生の指導のもとファスティングを5日間行いデットクスを行ったのです。

※ファスティングについて ⇒ ファスティングって何?ダイエットや体質改善に効果的!

便秘改善の整体

第1回目の実技では、便秘を改善する整体を教えていただきました。

【内臓の調整場所を図を使用して説明していただく】

妊活プログラムで何よりも1ばん最初に改善しなければいけない”排泄”。

特に不妊の方は便秘症の人が多いらしく、実際、妻もやはり便秘症でした。

 
内容は、横隔から肝臓・胆のう・すい臓・回盲部・大腸・腎臓と、子宮いった内臓にアプローチする整体。

【実技:内臓調整ポイントを触診】

【内矯正の整体】

内臓の整体は初めてだったので、感覚はまだまだつかめていませんが、さっそく妻に整体をしてあげたいと思います。

ちなみに、私はこの日、便通がよくなって3回も出てしまいました(笑)

 
初日からとても、充実した内容で第2回目の講義もとても楽しみです!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です