ワクワク妊活セミナー♪(in 札幌)のサブ講師をしてきました。

妊活 セミナー 今すぐはじめるワクワク妊活 札幌 チラシ(表裏)

今回は、北海道の札幌市で妊活をされている方のためのセミナーを催し、そのセミナーでサブ講師をしてきたことについて書いていきますね。

前回の妊活セミナーでは埼玉県の浦和にて登壇しましたが、今回はサブ講師ですので私が登壇して講義をする機会はありませんでした。

しかし講師陣の1人として、しっかりと妊活に悩むご夫婦の個別相談をアドバイスをしてきました。

妊活セミナー(in 北海道)の目的

男性と女性の気持ちの違いが妊活のストレスになる

今回のセミナーは、ただ単に妊活に詳しい講師が知識だけを教えると言った一方通行的なセミナーにはしたくありませんでした。

もちろん妊活にとって大切な知識も講義の一部に組み込んでありますが、今回の一番の目的は夫婦間の溝を埋めたい、夫婦の橋渡しになるセミナーにしていこうという目的で開催することにしたのです。

 
夫婦といえど男女という違いがあります。男女の違いがあれば妊活に対する考えや意識の違いも当然違ってきますよね?

例えば、女性である奥様はこう思っているかもしれません。

● 旦那が妊活に対して楽観的なように感じる。

● 虚しさ・悲しさ・怒りなどを感じて、自分の想いが届いていない・・・。

女性

一方、男性である旦那様は

男性

● 自分なりに妊活に協力して一生懸命やっている!

● やっていることに対して奥さんからいろいろ言われるので、やる気をなくしてしまう。

このようなお互いの思いがストレスとなり、次第に妊活に対して疲れきってしまうかもしれませんね (◞‸◟)

夫婦感の想いの溝をうめよう!

今回のセミナーはこのような夫婦間の溝をうめるためにセミナーを行い、

  • 夫婦2人で妊活に取り組めるようになる
  • 妊活=「女性だけ」というイメージのを変えたい      

         ⇓ ⇓ ⇓ ⇓ ⇓

来てくれた人全員の妊活のイメージをプラスに変えて、健康的な妊娠をさせて幸せにする!!

という主旨で妊活セミナーを開催することにしたのです。

 
結果として女性には男性の気持ちを、女性には男性の気持ちを理解してもらう。同時に妊活に対する知識を知ってもらい、お互いがお互いをサポートしながら妊活をしていただくというのが1つの目的でした。

ですので、参加者は主に夫婦で参加しやすい形式にしたのです。

妊活セミナーの内容

1部:妊活で結果を出すための講義

1部の最初は、参加されている夫婦が緊張されているため、ヨガインストラクターの山藤喜久美先生による妊活ヨガからの開始です。

【山藤喜久美先生による妊活ヨガ】

その後は妊活ピラミッドと言う、妊活をするために大切な形、そして妊活に大切な食の話が続きました。

【菊地奈美子先生による「妊活ピラミッド」の講義】

※妊活ピラミッドについてはこちら
⇒ 不妊テクニックマスター養成講座(第2講):『妊活ピラミッド』と冷え性改善の整体

【杉本智香先生の「食」の講義】

しかし、1部でなんといっても大切だったのが、今回のセミナーの目的でもある夫婦がお互いの気持ちを知ること。

 
そこで各ご夫婦様が男女別に分かれて、妊活に対してどう思っていうのかを話し合をしていただきました。

そして、そこで出た意見や気持ちを私が発表し、男性と女性の妊活に対する想いを認識してもらるワークシップを行ったのです。

【男女に分かれて、妊活に対する考えを話あうワークシップ】

実際話合ってみると、やはり男女の間では妊活に関してかなりの意見や想いの違いがあることが分かったので、各ご夫婦様がお互いの違いを少しでも認識できたのではないかなと思います。

 
1部の最後は日本妊活協会の理事をされている、遠藤晃央先生の夫婦の絆をより深めるための感情の話です。

【日本妊活協会理事:遠藤晃央先生による「感情」の講義】

遠藤先生の話は妊活ピラミッドの一番最下層である重要な土台の話になります。

妊活をするうえでは、ここを知ればかなり良い結果が出てくるのではないかと思われる内容を話をして下さり、現在妊活中の私たち夫婦にもためになる話をしていただきました。

2部:妊活整体体験&個別相談

妊活セミナーの2部では実際に妊活整体を体験していただきました。その後、各ご夫婦様に対して、今持っている妊活の悩みを講師陣が相談にのる個別相談を行いました。

1部で、私が登壇をして話すことはありませんでしたが、サブ講師として個別相談の対応にあたったのです。

 
ここで私はある1組の夫婦の相談にあたったのですが、セミナー中の様子から正直、こちらの夫婦の旦那様の態度からあまり協力的ではないなと感じていました。

というのは1部で講義中、奥様の方は真剣であったのに対して旦那様はまったく他人事のような様子だったからです。

 
2部での個別相談に残ってはくれましたが、やはり同じような様子でした。

しかし、私は根気よく妊活整体をしながら、旦那さまの日常の様子を根気よく聞きました。

その結果、少しづつではありましたが最初は他人事であった旦那さまが日常生活について話してくれたのです。

整体を行うことで体がほぐれ、少しでも心を通わしてくれたんだなと私は感じました。

 
その後、奥様と旦那様の気持ちをお互いが話したくれたのです。奥様は溜めいていた気持ちを抑えきれずその場で泣いてしまいました。

その姿をみた旦那様が自分で出来ることはしっかりやることを約束し、一緒に妊活を頑張ることを約束してくれたのです!

【私が個別相談をさせて頂いたご夫婦様】

後日の話ではありますが、この旦那様から妊活セミナーの講師たちに対して、お礼のメールが届きました!

正直言って、夫婦間の溝を埋めるのが一番難しそうな夫婦だと思っていました。でも、今回セミナーに参加してくれた夫婦で一番気持ちの変化があり、笑顔で帰っていただいたことがとても嬉しかったです!(^^)!

そして、ご夫婦さまが健康で元気な赤ちゃんを産んでくれることを心から願っています。

札幌での妊活セミナーを通して感じたこと

今回は、北海道札幌市での妊活セミナーでした。

日本妊活協会のおかげで私が地元の埼玉、そして北海道で講師として妊活サポートをできたことを誇りに思っています。

 
今回のセミナーは夫婦の溝をうめるというが1つの目的でした。

私は今回のセミナーに参加された方の前に出て妊活で悩んでる方に対して講義をすることはありませんが、サブ講師として個別相談のお手伝いをすることができました。

そして、サブ講師として妊活中の夫婦にアドバイスをし、少しでも夫婦の溝をうめることが出来たと実感しています。

 
セミナーを通して強く感じたのは、妊活は女性だけの問題ではないということ。

現在、不妊の問題の半分近くが男性だと言われています。妊治療をされている夫婦は、女性である奥様だけではなく男性である旦那様の協力がとても大切になってきます。

でも、男女間では生活スタイルは違うし、何よりも意識が違いすぎる!

しかし、つらい妊活を女性だけするのでは孤独感にさえなまれて感情をどんどん心の中にためこんでしまうんですね・・・。

その感情が不妊症の原因の1つになってしまうという、悪循環になってしまうこともめずらしくありません。

だから、妊活は協働作業でお互いが責任をもって臨まなければならないと気づかないといけないのです。

 
そういった意味では、今回のセミナーで少しでもこのようなこのとに気づいてくれたご夫婦様が参加されたので、とても有意義で素晴らしいセミナーになったと思います。

そして、これからもこのようなセミナーを開催し妊活サポーターとして不妊で悩んでいるかたのサポートをする活動を行っていきたですね  !(^^)!

【北海道妊活セミナーの仲間達】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です