細胞から元気になって、心も体も健康になろう!!

細胞 60 兆 元気

私たちの体は、60兆個の細胞からできています。

いくつかの細胞が集まって組織(筋肉・骨・神経)を造り、いくつかの組織が集まって器官(胃・腸・心臓などの内臓)を造ります。

 
さらに、いくつかの器官が集って人の体ができているのです。

「人」という見方をすれば大きく見えますが、ミクロの見方で1番小さくしてみれば細胞が生物の最小単位になっているんですね。

ですので、細胞1つ1つが元気でなければ、私やあなたは元気になれないのです。

 
逆を言うと1つ1つの細胞を元気にすれば、私やあなたの体は健康になれると言えませんか?

では、細胞は何からできているでしょうか?

 
私たちは食べ物を口から入れて、肛門から便として出されるまでいろいろな栄養素を消化・吸収して普段の生活をしています。

そう、細胞はすべて私たちが口から入れた食べ物によって造られ、活動するので、細胞に必要な栄養素をとれば私たちは健康になれると言えないでしょうか?

 
もちろん、栄養意外にも考え方・環境・その他の要因でも細胞は常に変化していますが、まずは人間が口から入れる食べ物。

その食べ物からとれる栄養について知ることが健康になる第一歩だと思いますので、これから栄養素について詳しくお伝えしていこうと思っています。

 
その前に、今回は体の最小単位である細胞』、そして『細胞と体質の関係』について書いていきますね。

細胞の新陳代謝

新陳代謝とは?

細胞は絶えず新しく造りかえられていて、これを新陳代謝といいます。

 
あなたも私も最初は1つの細胞(受精卵)でした。

この受精卵が赤ん坊として誕生したときは約3兆個の細胞になり、大人になってからや約60兆個の細胞に増えて体が大きくなっていくんですね。

そして、細胞は新陳代謝によって常に古いものから新しいものに入れかわっています。

 
例えば「皮膚」ですが、古くなった皮膚は”アカ”として体からおとされて、新しい皮膚になります。

新陳代謝の例
  • 皮膚:20~30日
  • 精子:3~10日
  • 肝臓:20日
  • 胃腸粘膜:4日
  • 子宮内膜(月経):28日~30日

細胞の場所や年齢の違いによる新陳代謝の期間

新陳代謝する期間は、細胞の場所や年齢によっても違ってきます。

例えば、肌は28日間で入れ替わると言われていまが、実際は・・・

  • 10歳代では、約20日周期
  • 20歳代では、約28日周期・・・シミ、しわ、タルミなど(老化のサイン)
  • 30歳代では、約40日周期・・・コラーゲンの量の低下
  • 40歳代では、約55日周期・・・皮脂分泌量ん低下 ⇒ 保水力の低下
  • 50歳代では、約75日周期・・・皮膚の新陳代謝の低下
  • 60歳代では、なんと約100日周期!
また、年齢だけではなく栄養状態でも入れかわる期間が違ってくるのです。

細胞から元気になる食事

では、このような新陳代謝を繰り返す細胞を元気にするにはどうすればいいでしょうか?

それは、質の良い細胞にすること質の良い細胞にするには体質をかえることです!

 
あなたは病院などで「体質ですね~・・・」と言われると、あきらめてしまいませんか?

でも、体質って自分で変えられるんですよ (^^)v

 
体質=「細胞の質」です。


  • 栄養素の不足した食事 ⇒ 質の悪い細胞 ⇒ 悪い体質 ⇒ 病気
  • 必要な栄養素がとれている食事 ⇒ 質の良い細胞 ⇒ 良い体質 ⇒ 健康
家族の食習慣が同じなら、家族の体質も同じになるのです。

細胞の原料

細胞の原料となっている栄養素は次のようなものがあります。

これらの原料が不足すれば、とうぜん新陳代謝は遅れるし、正常な細胞ではなくなります。

 
言い換えると、これらの必要な栄養素を知ることで元気な細胞にするためにはどうすればいいか?がわかってくるかもしれません。

私も自分なりに栄養についての知識を知り、食生活を変えたことでかなり体の状態が良くなったと思います。

例えば、私たち夫婦は不妊治療をしていますが、状態の悪かった精子が改善されました!

そして、体だけではなく、心の状態も良くなってきました (^^)v

 
次回からは細胞を元気にするために、これらの栄養素について少しづつお伝えしていこうと思います。

 
※次回 ⇒ タンパク質とは?タンパク質の必要量と不足すると体はどうなる?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です