『タンパク質』とは?タンパク質の必要量と不足すると体はどうなる?

栄養素 タンパク質 アミノ酸 タンパク質とは?

前回、人間は60兆個の細胞から造られていて、その細胞が日々新陳代謝を繰り返しながら私たちは生きていることをお伝えしました。

細胞から元気になって、心も体も健康になろう!!

 
そこで大事なことは日々、新陳代謝を繰り返す細胞が質の良い細胞であるということ。

質の良い細胞にするためには体質を変えることです。

つまり体質=「細胞の質」だと言えるのです。

 
質の良い細胞はつくるには、細胞の原料となっている栄養素を必要な量だけとっていく必要があります。

必要な栄養素がとれていれば健康になれるし、栄養素が不足していれば病気になってしまうかもしれませんね。

  • 栄養素の不足した食事 ⇒ 質の悪い細胞 ⇒ 悪い体質 ⇒ 病気
  • 必要な栄養素がとれている食事 ⇒ 質の良い細胞 ⇒ 良い体質 ⇒ 健康
そして、細胞の原料になっている栄養素は次のようなものがあります。

これらの栄養素を知ることで元気な細胞にするためにはどうすればいいか?がわかってくるかもしれません。

そこで、今回は①のタンパク質とは何のか?そしてタンパク質の必要量不足したときの体への影響について書いていきますね。

タンパク質ってなに?

タンパク質とは

タンパク質は脂質・糖質とあわせて三大栄養素の1つ。

人間の筋肉や臓器、体内の調整に役立っているホルモンの材料となるだけでなくエネルギー源にもなっている必要な栄養素で、タンパク質は主にアミノ酸によって構成されています。

 
体の約60~70%は水で、水を除いた残り10~20%が脂質とタンパク質です。

 
食事から補給されたタンパク質は

● 消化されてアミノ酸になる

    ⇓ ⇓ ⇓

● 吸収されて血液によって各細胞に運ばれる

    ⇓ ⇓ ⇓

● 体を造るタンパク質質に再合成されて、古いタンパク質は壊される(新陳代謝)

といった過程をたどります。

タンパク質は2種類

  1. 細胞のなかで作られて、細胞のなかにあるタンパク質が全タンパク質の2/3を占める
  2. 細胞のなかで作られて、細胞の外に出て細胞と細胞のつなぎ役・支え役をするコラーゲンが1/3

コラーゲン
主に皮膚・骨・関節・腱や内臓・血管・目などの網膜などにあり、コラ―ゲンの量は17歳がピークで、あとは減っていきます。

タンパク質の働き

人間の体内には約10万種類のタンパク質があり、それぞれ独自の働きをしています。

主な働き
  1. 遺伝子の情報をタンパク質で表現する
  2. 筋肉・血液・内臓・骨などの体の組織を造る
  3. 栄養や酸素を運ぶ
  4. 神経伝達物質の原料
  5. 抗体を造り、免疫機能を働かせて体を守る
  6. ホルモンの原料
  7. 酵素の原料

タンパク質の必要量

タンパク質はどれくらい必要か?

タンパク質の必要量は生理条件、栄養条件で分解と合成のバランスは一定ではありません。

分解されたタンパク質の3/4はリサイクルされますが、1/4は分解されて尿や便として体外に排出されます。

では、タンパク質の食べ物から摂る量が少なるとどうなるでしょうか?

 
この場合、体は分解の速度を抑えてつじつまを合わせようとすします。その結果、代謝が遅くなり老化へとつながっていくんですね。

例えばご高齢の方は、分解が合成より早くなると骨粗鬆症(骨がスカスカになりもろくなる病気)になるといった感じですね。

 
失われたタンパク質は食事で補うことが必要ですが、個人差やストレスに対する安全率も入れて、1日に体重の1/1000を毎日の食事から摂ることが必要になってきます。

ストレスが多い人、成長期の子供、病人、けが人、高齢者、スポーツ選手などは体重の1.5/1000を毎日の食事から摂ることが必要です。

タンパク質が不足すると

  • 疲れやすく、体力・スタミナが低下する
  • 頭の働きがにぶり、憂鬱になり学力能力が低下する
  • 成長が遅れ、骨は薄く多孔性、歯と歯ぐきの構成が乱れる
  • 結合組織の修復が不十分で、傷の治りが遅れる
  • 筋肉が弱り、筋力が低下し、骨格も障害を受けやすい
  • 髪の毛が細くなり、抜けやすく、爪がもろくなる
  • 皮膚は不健康で肌が荒れ、しわができる
  • 免疫力は低下し、感染症にかかりやすい
  • 生理は止まり、生殖器官が消耗したり萎縮する
  • 甲状腺、胸腺、副腎の機能が低下する
  • 腎臓や膵臓が弱り萎縮し、心臓の筋肉も萎縮する
  • 肝臓が弱る
  • 老化が進む

まとめ

このタンパク質によって筋肉や臓器・肌・髪・爪・体内のホルモンや酵素・免疫物質などを作り、栄養素の運搬を行い、そしてタンパク質は微量ではありますが、エネルギー源にもなります。

不足すると体に様々な症状が出てきてしまうので、しっかりと1日に必要なタンパク質量を食事から摂っていきましょう。

 
次回は、タンパク質のアミノ酸スコア、そしてタンパク質と脂肪酸について書いていきますね。

 
※次回 ⇒ アミノ酸バランスのよい食事をする方法とは?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です