あなたの疲れの原因は”ビタミン不足”が原因かも!?

ビタミン ビタミンB ビタミン不足

前回は、ビタミンの「働き」や「種類」についてお伝えしました。

体の調子を整える”潤滑油”『ビタミン』って何?

 
ビタミンの役割を一言でいうと生命活動に伴う様々な化学反応を助け、体の機能を調整するものです。

車に例えると、車の機能をスムーズに発揮させる”オイル”や”潤滑油”のような役割をしています。

 
どの栄養素が欠けても、体は健康を保てなくなってしまいますよね?

そこで、今回はビタミンが不足するとどうなるか?について書いていきますね。

ビタミンの生理作用と薬理作用

ビタミンの生理作用と「摂取基準」

ビタミンにも種類がありますが、それぞれのビタミンは生命活動の維持に必要な作用を担い、この作用を生理作用といいます。

生理作用のために必要なビタミンが摂れないと体に欠乏症が起きるので、そうならない為の必要なビタミンの摂取量を最小必要量といいます。

 
この最小必要量に安全を見積もって2割前後の上乗せした量が、そのビタミンの1日の摂取基準となります(ただし国によって差がある)。

摂取基準は欠乏症にならないための目安。国民栄養調査や学校、病院などの給食、料理などの献立はこの摂取基準を基にしているんですね。

しかし、実際は個々の作物が育てられた土地や時期、収穫してから調理するまでの損失、その人のストレス状態や胃腸の状態、年齢、運動量などいろいろな要因で必要量も違ってきます。

そのため、病気とは言わないけれど、何となく調子が出ないという人に潜在的なビタミン欠乏症の人がかなりいるのです。

ビタミンの薬理作用と薬用量

1日の摂取基準の3~100倍という大量のビタミンを摂取しつづけると、生理作用にとどまらない効果が出ることがあり、その作用を薬理作用といいます。

しかし、実際には食事から生理作用すら摂れていない人も少なくないのが現状であり、その場合はビタミンのサプリメント(栄養補給食品)を利用することが必要です。

サプリメントを摂ることで、不足している「生理作用」のための補いもできます。

 
またガン心臓病脳卒中糖尿病骨粗しょう症などの生活習慣病や老化を防いだり、治したりすることもできるし、健康のレベルアップもできるのです。

ビタミンが不足すると・・・

ビタミンといっても数が多いので、ここでは日本人の多くが不足しているビタミンB₁』の欠乏症の経過をみていきましょう。

健康なボランティアにすべての栄養素を含むけれど、B₁だけがわずかに不足した食事を続けてもらうとどうなるか?という経過例があります。

① 数日で・・・

数日間、わずかな欠乏でもビタミンの摂取不足が続くと体に蓄えられたビタミンが少しずつ失われ、血液中や尿中に排泄するビタミンの量が減少。

体内のビタミン量がある程度以下になると、ビタミンの協力で行われている体内の代謝反応に異常が起きてきます。

そしてエネルギー生産が低下し、ビタミンが関係するいろいろな反応が乱れてきます。

 
その結果、無気力憂鬱食欲不振疲労感うつなどの現れてきますが、それが栄養不足で起きたとは理解されないので医者にかからないことが多くなります。

② 1ヶ月で・・・

1ヶ月も欠乏症が続くと心臓胃の不調不眠便秘手足のしびれ頭の回転が鈍る集中力の低下など、ビタミン欠乏の特徴のある清浄が現れます。

③ 5ヶ月で・・・

数か月欠乏が続くと、心電図の乱れ遺産の分泌停止うつ精神障害などの病気が起こります。

 
このようにビタミン不足は体や心に多くの不調を起こしますが、栄養不足だと気が付く人は少ないのです。

この段階で病院に行くと、ビタミンが処方されず現れた症状に対する薬が処方されるのです。

ビタミン不足の原因

食品に含まれる栄養素の低下と栄養素の無駄使い

昔のような有機肥料ではなく化学肥料に頼る農業畑を休ませないで収穫し続けたこと土を使わない水耕栽培ビニルハウス栽培品種改良遺伝子組み換えなどが重なって、野菜や果物に含まれる栄養素は減り続けています。

また、精製食品・加工食品・食品添加物・食事の偏り(肉・乳製品・砂糖・脂肪)やストレス・環境ホルモンなども栄養素の無駄使いをさせています。

その結果、多くの日本人はカロリーは摂れているのけど栄養素不足になっているのです。

水溶性ビタミンは調理でも減る

ビタミンは収穫したときから減っていきます。

水で洗う段階からビタミンは減り、水溶性ビタミンは調理によって大幅に失われ、とくにゆでたり煮たりすることで多くのビタミンが失われます。

 
例えば、ほうれん草のカロチンはゆでると損失率が最も大きく10~25%も失われ、ビタミンCは32~84%も失われるのです。

さらに、ほうれん草をゆでてから水にさらせば、ほとんどビタミンCは残っていないことになります。

 
じゃがいものビタミンCについては次のような報告もあります。

皮をむかずに丸のままゆでたときの100gのビタミンCの含有量を調べてたところ、生では5.4mgあったが、加熱後20分で4mgに減少

60分後には2.5mg、135分後には0.9mgになったということでした。

つまり、加熱するほど急激にビタミンCは減少していくのです。

じゃがいもを丸のままでゆでた結果でしたが、もし小さく切って同じ実験をすると、より急激にビタミンCは失われるでしょう。

 
※脂溶性ビタミンは水洗いや加熱調理による損失は少なく、油と一緒に調理し摂取することで吸収率が高まります。

例えば、トマトをオリーブ油で炒めるイタリア料理は、トマトのビタミンAやEを摂るために効果的な調理法と言えますね。

まとめ

ビタミン不足、つまり摂取量が「最低必要量」を満たさずにおこる病気がビタミン欠乏症です。

欠乏症の代表的なものとして、次のようなものが有名です。

  • 夜盲症・・・ビタミンA不足
  • 脚気・・・ビタミンB₁不足
  • 壊血病・・・ビタミンC不足
  • くる病骨軟化症・・・ビタミンD不足
ビタミンの必要量はわずかですが、ほとんどが体内で合成できないので毎日コンスタントに摂る必要があります。

しかし、現在はビタミンの潜在的欠乏症の広がりが心配されている状態です。

 
特に、日本人はエネルギー減をなどの糖質に多く頼るためビタミンB群が不足しがち。

各地の検査で血液中のビタミンB群が正常量より少ない方が多くみられ、体がだるい疲労感めまい頭痛動悸息切れ便秘下痢などの不定愁訴を訴えたりするのです。

必要量のビタミンは三度の食事でまんべんなく摂るのが理想ですが、とくに疲れがたまったと感じたときなどには、体の状態にあったビタミン剤を活用するのも疲労解消法の1つと言えますね。

 
※次回 ⇒ 『ミネラル』の起源はビッグバン!?必須ミネラルと有害ミネラルとは?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です