タイムスリップ!!福島県南会津の『大内宿』に行ってきました (^^)/

福島県 南会津 大内宿

先日、福島県まで旅行に行き、南会津にある大内宿に立ち寄ってきました。

大内宿と言えば、茅葺屋根が立ち並ぶ幻想的な場所 (*^^*)

そんな日常とは少し違った雰囲気を感じたり、食べる歩きをしたり、福島県の名産である漆塗りの伝統工芸品を買い物したりして楽しめる場所です。

今回は、そんな『大内宿』に行ってきた感想を書いていこうと思います。

茅葺屋根が立ち並ぶ

『大内宿』は山を登っていくので、少し高い場所にあります。そして象徴ともいえる茅葺屋でできた建物。

 
「こんな高い場所に、こんなところがあるのか~」と思わず考えてしまいますが、会津では有名な観光地。

立ち並ぶ茅葺屋根に、ちょっとしたタイプスリップ感を味わえるかもしれませんね (^^♪

街の一番奥にある階段を上っていくと、大内宿を見下ろすことが出来ます。

伝統的な工芸品

大内宿の街並みを楽しみながら歩いていると、たくさんのお店が待っています。

そのなかには、福島県の伝統工芸品の1つである「会津塗の茶碗などが売っているお店も。

正直、私は伝統工芸品には疎いほうですが、ここでまじまじと漆塗りの茶碗や陶器をみて雰囲気を楽しめました。

お酒が飲める人はこういう漆塗りをされたもので飲むと、もっとお酒が楽しめるんだろうな~。

福島県で有名な起き上がり小法師赤べこ。せっかく大内宿に来たことだし、妻とペアのお箸を買ってみました (*^^*)

大内宿の食べ物

大内宿と言えば、有名なねぎそば

お箸の代わりに、一本の”ねぎ”を使ってお蕎麦をいただくというものです。

 
ところが、私はネギが嫌い~!!

蕎麦は大好きでよく食べるのですが、ネギが嫌なために食べることができない・・・。いや、蕎麦だけ食べることが出来るんだろうけど、なんだか店の人に申し訳ないのでやめときました ( ノД`)シクシク…

 
代わりに、食べ歩きをして美味しかったものを紹介しますね。

まずは、味処みなとやのしんごろう

名前もおもしくて、竹串の先にもち米をつけて焼いた食べ物です。

なかは焼きたてホッカホカのモッチモチ~。ただ、熱いので注意!

ガイドブックに載っていたので試しに食べてみましたが、かなりいけてます!!

あと、見逃しがちですがセルフで頂けるお茶もけっこう美味しいです。

 
その後は、山本屋のそばがきだんご」もいただきました。

なんか”モチもち系”の食べ物ばかりですが、食べたくなっちゃったんだから仕方ない。

ちなみに山本屋のおばちゃんの営業トークが面白くて、思わずここで売っている味噌を買ってしまいました(笑)

 
こんな感じで大内宿ではモチもち系の食べ物や蕎麦など、いろいろなものを食べ歩して楽しめますよ。

なんだか、これだけでけっこうお腹が膨れてきちゃいました(´∀`*)ウフフ

大内宿の感想

じつは私、何度か大内宿に行ったことがあります。ですので、まずこれだけは言っておきます。

盆暮れ正月・連休中は行くな!!

ということ(爆)

 
そう、忘れもしません・・・。私が初めて大内宿にいったのは11月3日の文化の日、つまり祝日

ここに来るには一本道しかないので、渋滞にハマったらまったく車が動かない!!1キロ進むのに30分ぐらいかかりホント嫌になりました・・・。

出来れば、平日に行くことをおすすめします。

 
今回訪れたのは平日で観光客の方もあまりいなかったので、ゆっくり大内宿の雰囲気を味わうことができました。

お店に行くと、商売上手でおもしろおかしいトークで迎えてくれます。なんか、ついつい買いたくなってしまいますね(笑)

ほわ~っと、ゆったりとした空気が流れて、いい感じだったなぁ~。

 
しかし、大内宿は昔は今のような感じではなく、本当に民家しかなかったということ。

このことは、たまたま親戚が大内宿に住んでいる職場の同僚に教えてもらいました。この何十年間できっといろいろ様変わりをして、観光地になったんでしょうね。

 
ところで、大内宿は冬に雪が降ります。

雪が降ると山道を運転するのが怖いので、なかなか行く気にはなれないのですが、冬の時期はこんな感じで大内宿の違った顔がみられるかもしれませんね。

機会があったら行ってみたいですね!

 
今回ご紹介した『大内宿』。もし、あなたが会津に訪れる機会がありましたら立ち寄ってみてはいかがでしょうか?

きっと、心が落ち着く雰囲気の街並みに癒されると思いますよ (#^^#)

私は、今度訪れることがあったらネギなしで蕎麦を食べてみたいな (^^♪

大内宿の場所

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です